肢体の障害の事例

右変形性股関節症で障害厚生年金3級を受給できた例

1 相談に来られた時の状況 この方は、4年位前から寒くなると右の股関節に少し痛みを感じる事がありましたが、仕事に支障が無かったため受診しませんでした。その後次第に痛みが常態化していましたが、仕事が忙しく受診出来ませんでした。半年後、仕事が一段落した時に受診し、レントゲンを撮ったところ、手術の必要性は指摘されず、リハビリ、電気治療、マッサージ、薬の処方を受けながら通院を続けました。通院して症状の
続きを読む >>

両変形性股関節症で障害厚生年金3級を受給できた例

1 相談に来られた時の状況 この方は6年位前から子供と遊んだりする時に腰や股関節に時々違和感があり、その後次第に痛みが長引いたりする様になりました。転倒し左手を負傷した時に整形外科を受診し、ついでに股関節のレントゲンも撮ったところ、変形がある事が判明し、さらに大学病院で検査した結果、骨切術で可との事で、4ヶ月後の手術予定でしたが、仕事で無理をした事もあり、痛みが酷くなり、変形も酷く立つ事も出来
続きを読む >>

右変形性股関節症で障害厚生年金3級を受給できた例

1 相談に来られた時の状況 この方は以前から股関節の周りが固く違和感がありましたが、元々腰が悪く、ぎっくり腰などもあったので腰が悪いせいと思っていました。特に日常生活に大きな支障は無かった為、腰を温めたり、シップでだましだまし生活していました。しかし、徐々に痛みが酷くなり、股関節付近の痛みも出現し、仕事にも支障が出てきたため、整形外科を受診し、レントゲンを撮ってもらったところ変形性股関節症との
続きを読む >>

突発性大腿骨骨頭壊死症で障害厚生年金3級を受給できた例

1 相談に来られた時の状況 この方は2年位前から歩行時に右足の付け根に痛みが出現するようになりました。そのうち治るだろうと思っていましたが、徐々に症状が酷くなり、脚を引き摺りながら歩くようになりました。もともと不眠で通院していた脳神経外科でMRIを撮ってもらい、画像では骨頭が壊死しているので手術しないと治らないと言われ大学病院を紹介されました。大学病院でも骨頭壊死に間違いなく、難病で原因不明と
続きを読む >>

第9胸椎血管腫で障害厚生年金1級を受給できた例

1 相談に来られた時の状況 この方は、2年位前から右足拇指に痺れを感じる様なり、痺れが増悪してきたため、かかりつけの病院で受診したところ神経内科の受診を勧められ、MRI検査をした結果、胸椎の腫瘍が判明し、原発性の第9胸椎血管腫との診断で大学病院に入院し手術しました。術後は下半身の麻痺、排尿障害もあり、ベッドに2週間くらい寝たきりで、その後軽いリハビリを開始し、転院し歩行訓練や筋力リハビリを行い
続きを読む >>

怪我や病気等で外出できないあなたへ! あなたのお宅お宅やお近くまで訪問します! 無料訪問相談キャンペーンのご案内 詳しくはこちらをクリック
ページ上部へ戻る