難病の事例

パーキンソン病で障害基礎年金2級を受給できた例

1 相談に来られた時の状況 この方は9年程前から指に異常な感覚を覚え、徐々に両手、足と異常が広がり、物を落としたり、力が入らなかったり、歩きづらさがあったり、全身の倦怠感を感じる様になりました。その後、歩行障害も酷くなり、大学病院の脳神経内科で精査したところ、パーキンソン病との診断で、通院と服薬で様子を見ていましたが、日々症状は悪化し、薬を飲んでも勝手に手足が動いたりする様になり、幻覚、幻聴が
続きを読む >>

重症筋無力症で障害厚生年金2級を受給できた例

1 相談に来られた時の状況 この方は4年位前から眼がチラチラしたり、ダブって見えたりする様になり、その後も次第に症状は悪化し、メモも取れないくらい物がバラバラに見え、運転中も白線が7~8本に見えるなど複視が酷くなり、就労にも支障が出てきたため、眼科を受診しました。検査したところ、眼球の運動障害という事で、脳神経外科を紹介され検査したところ、重症筋無力症との診断を受けました。薬を処方され、復視は改
続きを読む >>

線維筋痛症で障害厚生年金2級を受給できた例

1 相談に来られた時の状況 この方は7年位前に婦人科にて手術を受け仕事に復職しておりましたが、暫くして腹部の痛みが酷くなり、仕事や家事に支障が出る程になり休職しました。痛みが増強してきたため、近くの病院を受診、その後も数か所の専門医のいる病院などを受診したところ、線維筋痛症と診断されました。入退院を繰り返し治療を行いましたが、一向に症状は改善せず、うつ状態にもなり日常生活が大変困難な状態で、ご主
続きを読む >>

難病ミトコンドリア病(MELAS症候群)で障害基礎年金2級を受給できた例

相談に来られた時の状況 ご本人が無料相談会にお越しになりました。この方は20歳時から糖尿病と診断され、長年投薬などの治療を続けてきました。また、20歳頃から若干の難聴も自覚されていました。職に就いても、疲れやすい状態が続きすぐに退職。その後、転居に伴い何か所も病院を転院されましたが、糖尿病のコントロールもうまくいかず、難聴も次第に悪化していき、補聴器がないと人の話が聞き取れないほどにまで悪化して
続きを読む >>

潰瘍性大腸炎の受給事例

2年前にMさまは奥様お付き添いのもと、当相談室にご相談にいらっしゃいました。ご相談にいらっしゃる前は、まさかご自身が障害年金支給対象になられるとは思っていらっしゃらなかったようです。きっかけは、Mさまと 安部総理が同じ疾病にあることを知られた奥様が何気なくインターネットで疾病について勉強していた際に「障害年金」というキーワードと同時に出てくるため、受給対象にあることを知られたようです。それまで、長
続きを読む >>

怪我や病気等で外出できないあなたへ! あなたのお宅お宅やお近くまで訪問します! 無料訪問相談キャンペーンのご案内 詳しくはこちらをクリック
ページ上部へ戻る