発達障害、知的障害の事例

精神遅滞で障害基礎年金2級を受給できた例

1 相談に来られた時の状況 この方は1歳になっても這い這いが上手く出来ず、右足を引き摺っており、右手も握りしめたままで、受診したところ脳性麻痺との診断を受けました。定期的な受診とリハビリを受けながら、保育園、小学校の普通学級に通っていましたが、授業についていけなくなったため、特別支援学級へ入りました。障害者枠で仕事に就いてもコミュニケーションが苦手でその場に合った言動を取る事が出来ないため続け
続きを読む >>

注意欠陥多動性障害で障害厚生年金2級を受給できた例

1 相談に来られた時の状況 この方は、幼少期から活発で落ち着きが無く、よく動き回る子供でした。忘れ物やミスも多く、欲求が抑えられず適切な判断ができないまま行動していました。卒業後もアルバイトをしていましたが、正社員の採用試験に落ちた事もあり、気力がなくなり、自宅に引き籠る事が多くなりました。時々単発のアルバイトを繰り返し、その後就職しましたが些細なミスが相次ぎ、注意を受ける事が多い状況が続いて
続きを読む >>

中度精神遅滞で障害基礎年金2級を受給できた例

1 相談に来られた時の状況 この方は生後から身体に障害があり成長が遅く、知的障害と診断され、療育訓練施設やこども病院で言葉の訓練に通い、小学校入学前まで児童発達支援センターに通っていました。中学校までは特別支学級、高校は特別支援学校に通い、卒業後はジョブサポートを付ける形で1年更新の契約で短時間の仕事を始めました。職場の方の理解があり、援助されながら何とか就労を続けられていますが、日常生活全般
続きを読む >>

軽度知的障害・広汎性発達障害で障害基礎年金2級を遡及受給できた例

1 相談に来られた時の状況 この方は、幼少期から人とのコミュニケーションを取るのが苦手で、中学校までは一人ぼっちの事が多く、保健室に逃げ場を作っていました。就職してからも、意思疎通が苦手なため、色々注意・指摘され、徐々に仕事に行こうとすると生き苦しさや身体の痺れが出現し、一人では出勤出来なくなり、家族に職場まで送迎してもらいながら出勤していました。その後、抑うつ気分、不安、焦燥感、不眠等の抑う
続きを読む >>

広汎性発達障害で障害基礎年金2級を受給できた例

1 相談に来られた時の状況 この方は、幼少期からおとなしく音に敏感で、人に触られる事を嫌がっていました。小学校では転校を機に周囲の人と喋れなくなり、中学校まで不登校が多い日が続きました。高校では決まった人としか喋れませんでしたが、不登校はありませんでした。高校卒業後は就職出来ず、部屋に引き籠って外出する事も殆どありませんでしたが、母親が病気で入院したため生活も困窮し、生活保護の申請の相談に市役
続きを読む >>

怪我や病気等で外出できないあなたへ! あなたのお宅お宅やお近くまで訪問します! 無料訪問相談キャンペーンのご案内 詳しくはこちらをクリック
ページ上部へ戻る