受給事例

緑内障(糖尿病)で障害厚生年金1級を受給できた例

相談に来られた時の状況 ご両親が無料相談会にお越しになりました。 この方は15年前の会社の健診にて血糖値が高いと言われましたが、特に治療もしていなかったところ、数年して目の見え方がおかしくなり眼科を受診し、糖尿病性の網膜症、緑内障との診断で手術・入院を繰り返しました。 手術もしましたが、症状は悪化し、日常生活にも多大な支障が生じるようになり、会社も退職、生活も困難になりました。ご本人に代わ
続きを読む >>

精神発達遅滞(広汎性発達障害)による請求(認定日請求)

発病からご依頼までの状況幼少期より言葉の遅れや、幼稚園でのホームルーム中に突然立ち上がるなどの多動症状がみられる。その後、小学校・中学・高校にかけても言葉の遅れは改善されず、他人との意思疎通もうまくできない状態でした。20歳の誕生日を迎えるにあたり、お子さんの将来を心配されたご家族により当相談室へのご相談となりました。ご依頼からの状況初診日証明の取得サポート最初から精神発達遅滞と診断された訳ではな
続きを読む >>

人工透析での受給事例

相談にこられた時の状況患者様が会社の部長として勤務をしている時に、 会社の総務の課長様から相談がありました。 患者様は高血圧で病院に通っていたが、病状が悪化し、 昨年、透析を開始した、このような時の対応を相談されました。 患者様は、接待、出張を頻繁に行っておりましたが、 透析を週に2日は受ける必要がある為、 部長としての業務の一部をこなす事ができない状況にありました。 会社としても長年働いてきた部
続きを読む >>

梗塞後狭心症の受給事例

Dさんは、20年前に狭心症を患い、15年前にバイパス手術を実施しました。10年以上の社会的治癒があった後、約5年前に再び狭心症が再発し、再度バイパス手術をして、現在に至っているというご相談を受けました。 医師から診断書を頂いたところ、「現在は軽微ではあるがいつ何時心不全をきたすか予知できないため、日常生活においても注意が必要であり、日常生活に著しい支障をきたしているため、労働できる状態ではない。」
続きを読む >>

潰瘍性大腸炎の受給事例

2年前にMさまは奥様お付き添いのもと、当相談室にご相談にいらっしゃいました。ご相談にいらっしゃる前は、まさかご自身が障害年金支給対象になられるとは思っていらっしゃらなかったようです。きっかけは、Mさまと 安部総理が同じ疾病にあることを知られた奥様が何気なくインターネットで疾病について勉強していた際に「障害年金」というキーワードと同時に出てくるため、受給対象にあることを知られたようです。それまで、長
続きを読む >>

網膜色素変性症による請求事例

網膜色素変性症で重要なのが、ただ単に日々の生活に支障をきたしている旨を書くのではなく、また症状を羅列するのではなく、「網膜色素変性症」で障害年金の受給の鍵となる、視野を測るときに使う「視標」に関する診断を明記することです。障害年金支給の査定においては、通常「Ⅰ/2視標およびⅠ/4視標で測ったもの」を対象とし、それ以外の視標で測ったものを無効としています。これをご存知でなく申請をしてしまい、残念なが
続きを読む >>

心疾患による受給事例

Dさんは、20年前に狭心症を患い、15年前にバイパス手術を実施しました。10年以上の社会的治癒があった後、約5年前に再び狭心症が再発し、再度バイパス手術をして、現在に至っているというご相談を受けました。医師から診断書を頂いたところ、「現在は軽微ではあるがいつ何時心不全をきたすか予知できないため、日常生活においても注意が必要であり、日常生活に著しい支障をきたしているため、労働できる状態ではない。」と
続きを読む >>

精神疾患による受給事例

Hさんの母は、長年つづけてきたパートと家庭の両方で、常に働きまわっていたそうです。10年前から、感情の起伏が激しくなったり、衝動的な行動が増え、とうとう家族以外の人と話すことにも度々恐怖心を見せるようになり、Hさんが精神病院へ連れて行き、通うことになりました。精神病院では情緒不安定性人格障害と診断されました。診断書をもらうにしても、 症状の起伏が激しいために症状が見えづらく、担当の医者も苦労したよ
続きを読む >>

がんによる受給事例

Sさんのお兄さんから、「Sが癌だが、障害年金は癌でも受給できるのか?」 と連絡がありました。Sさんは、乳がんで、症状として両手のしびれ・呼吸困難・腰痛 などがみられていました。また、Sさんは左乳房に腫瘤房があったため切除術を施術しました。 その後、抗がん剤の投与と放射線療法実施を行っていましたが、 骨に転移が判明してしまいました。障害年金の受給の可能性が高いことがわかりました。 また、条件としての
続きを読む >>

肢体の障害による受給事例

Mさんは10年前にパーキンソン病を発病、現在まで徐々に進行し、 昨年8月に身体障害者手帳4級を取得しました。ご連絡いただいた際 「パーキンソン病を患ったが、障害厚生年金は受給できないでしょうか。」 というご相談でした。パーキンソン病は、肢体の機能障害で、年金の請求ができます。パーキンソン病は中枢神経系の疾病です。注意しなければいけないのは筋力や四肢関節運動領域の障害をみる のではなく、痙直、不随意
続きを読む >>

怪我や病気等で外出できないあなたへ! あなたのお宅お宅やお近くまで訪問します! 無料訪問相談キャンペーンのご案内 詳しくはこちらをクリック
ページ上部へ戻る